fc2ブログ

4月30日 愛知遠征その1

4月28~30日の2日間、くまぞう氏のお誘いで愛知県までご一緒させていただきました。
目的は犬山にあるゲーム博物館!

朝早くに出発したおかげか、高速道路での渋滞にはほぼ巻き込まれずに済みましたが、
ゲーム博物館の近隣にある観光名所「リトルワールド」があるせいか、
今井ICで1時間近く足止めを食らってしまいました…w

こんな感じの風景を抜けてようやく…




やっとの思いで到着!
入口のアトム、博物館前の鉄人28号が出迎えてくれましたーw


一日フリーパスの入場券を購入し、いざ入館!
向かって左側のビデオゲームフロアへ。

うわー、すげぇー!!!!!


アウトラン、ラッドモビール、G-LOC、そして…


ハングオン!!
これで、「死ぬまでに一度は遊んでみたいセガ体感筐体」は残すところ、
アフターバーナーIIだけになりました!
いやぁ…ハングオン筐体が思ったよりも重たくて、全然ダメダメな結果でしたw


その奥にはレイブレーサー、セガラリー、ジュラシックパークなどなど。

ピンボールフロアに設置しきれなかった台もこちらに置いてあります。

Last Action Hero(Data East/1993)


Terminator 2 Judgment Day(Williams/1991)


その裏側には、Star Wars(Data East/1992)

お台場の一丁目プレイランドで遊んで以来の再会です。

Star Wars Episode 1(Williams/1999)。

おぉ、これがPINBALL 2000シリーズ!この目で初めて見ました。
肝心のゲーム性は・・・うんw
機会があれば、Revenge from Marsも打ってみたいところ。

さらに展示のみではありますが、
TIC TAC TOE(Williams/1959)

これが見られるだけでも相当貴重ですよねぇ。

このフロアだけでも一日じゃ遊び切れないほどですが、
ピンボールフロアまで足を踏み入れると…

Williamsのヒット作でもあり、名デザイナー「スティーブ・リッチー」による
Flash(Williams/1979)


版権に頼らず、ピンボール本来の楽しさを追求した通好みなコチラ。
悪魔城ドラキュラシリーズを彷彿とさせる、バロック調なBGMが耳に残る
Theater Of Magic(Bally/1995)


今なおアメリカ中のコレクターが欲しているという、
Twilight Zone(Bally/1993)


90年台頭に2万台ものヒットを記録した、
The Addams Family(Bally/1992)


スリングショットの真上の砲台にボールをロックして、
ガツンと打ちこむのが特徴的な、
Star Trek The Next Generation(Williams/1993)


ヒット曲「Welcome To The Jungle」をBGMに、
メンバーを揃えていくフィーチャーが印象的な、バンドモチーフ台
Guns N' Roses(Data East/1994)


ひと目で強烈なインパクトを残す、フィールドに埋まった「ルーディー君」でお馴染み
Funhouse(Williams/1990)


モチーフ通り、ボールが目まぐるしくフィールドを駆け巡る名作、
F-14 Tomcat(Williams/1987)


館内の隣にある音楽教室がお休みの時だけの限定稼働!
ガタガタガタガタやかましいのが脳汁出まくりで最高にカッコいい
Earthshaker(Williams/1989)


そして何よりも貴重なのが、
国内セガによる「旧セガピン」の堂々たる並び!!

Surfing(Sega/1973)


Winner(Sega/1972)


Sapporo(Sega/1972)


OBS Live内のコーナー「基板大好き」でも、
おにたまさんが一番に興奮されてましたね!

現在は13時からの限定稼働として、
こちらも貴重なMikoshi(Sega/1977)を遊ばせて頂きました。


同じく試験的限定稼働されているものとして…


スーパーモナコGP!!


Playboy誌のコラでお馴染みの水着のお姉さんが怖くて仕方なかった、
幼少期の頃のトラウマですw


当時はペダルに足なんて届くはずがないので、
親戚の伯父さんの膝上に座ってハンドル操作してましたが、
稼働シートに座ってみると、こんなにガックンガクン動くものだったんですねぇ。

AC版ってこんなにピーキーなハンドリングだったっけ?!と四苦八苦w
予選通過は出来ましたが、決勝3位入賞は出来ず…
残念ながら第2戦のウェットコンディションには挑めませんでした。

館内の2階は、館長が以前からコレクションしている
時計やジュークボックスなどのアンティーク品が所狭しと並ぶ中、
メンテ・レストアを今か今かと待っているピンボールの
ボディとバックボックスがズラリと並んでいます。


これだけ画像を掲載しても、まだ半分にも満たないほど、
館内はピンボールと専用筺体で溢れかえっています!
一日だけでは見て回って、遊び切れないとのことで、
近くにホテルを借り、1泊して計2日間、堪能させていただきました。

いやー、もう一回…ではなく、行ける限りはどんどん遊びに伺いたいです。
それでは、今回はこれにて。、
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1991年TRCで異色の筐体使用したラッドモビールとスーパーモナコGPが…。

1991年、平和島のTRCで開催されたゲームショー。ラッドモビールの筐体は通常のデラックスタイプの筐体やアップライトの筐体ではなく、R-360を使用したバージョン。スーパーモナコGPの筐体は通常のエアードライブ筐体(デラックスタイプ)やアップライトの筐体ではなく実物大のフォーミュラカーを使用した可動式筐体…。後のバーチャフォーミュラに繋がる可動式大型筐体ですけどね…。


実物大のフォーミュラカーの可動式筐体を使用したスーパーモナコGPの画像「http://p.twipple.jp/MMmsW」。

R-360の筐体を使用したラッドモビールの画像
http://p.twipple.jp/9QZEf」。

どちらもメンテナンス費はバカ高いですけどね…。どちらの筐体も今は現在するかは絶望的な状況…。
プロフィール

クドー

Author:クドー
リンクフリーですしおすし。

所有基板リスト





twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード