fc2ブログ

7月27日 東京ゲー大 第二部!

新宿の御苑サウンドにて行われた、
「東京ゲー大2013」の第二部に参加してきました!



16SHOTSで受付を済ませ、いざ入場。
まずはカウンターでドリンクを…って、えぇっ?!なんだこれw



うむ、美味でごじゃった。
(16SHOTSのレギュラーメニューとなるのでしょうかねw)

長くなるので、後は追記にて。

続きを読む

スポンサーサイト



7月20日 ARXIAL RENDEZVOUS

Sakura Flamingo Audiography-GREY・PIINK-を発売したばかりで、
バッチバチでキワキワなk.h.d.n.メインのイベント、
「Sakura Flamingo Laboratory presents ARXIAL RENDEZVOUS」に参加すべく、
早稲田の茶箱に行ってきました!


事前予約を済ませていたため、入場はスムーズに。
列も乱れることなく、皆さんのマナーも非常に良かったです。

さて、足を踏み入れると…
 
わー、タダヨちーん!わー、フロン&タリスちーん!!

さらに足元を見ると…

至る所にスーパーカップ チョコミント味の空箱が…タダヨちん食べすぎw

ブースの入り口や、


さらにはトイレにまでw


ちなみに、これだけ食い散らかされた空箱に中に、
タダヨちゃんが描かれた「当たり」がいくつかあったようですw

入場早々、予約特典のカラスちゃん缶バッチを受け取り、
物販にて会場限定アイテムを全て購入し、急いでDJブース最前列へ移動。

おっほ、新ルールα錠とヘイヨー乳業…っ!
 

さてさて、一番手でもあるtakeken氏。
RamonesのRock and Roll Radioや、The CrushのI Fought The Lawなどなど、
パンクな選曲が多く、場を盛り上げるのには最高のつかみでした!
電気のPopcornが流れてきた時は思わず笑ってしまいましたw

次いでナナイ女史!
緑ジャージにニット帽というタダヨちゃんコス…なのに、ファスナー全開!
セクシーを通り越した格好で、場を沸かしつつCDJを回します。
繋ぎのミスは愛嬌でカバー!w
熱暴走を起こしたMacから正常な音が出なくなるも、
「これはこういうRemixということでいいのでは!?」という、
客席からの温かい声援もあったりで、これはこれで楽しかったですw

三番手gamsic氏、またの名をファラオ佐々木!
ターンテーブルの裁きっぷりは、まさにジェフミルズ。
ラジルギ愛がふんだんに盛り込まれたミニマルで場を繋いでおりました。
24/7で人生変えられたのは伊達じゃないですね、流石でございますよ。

各自、60分の出番を十分に回したところで、
休憩と題しつつ、クロンの増渕Pによるトークショー。
マイ○ストーン時代から手掛けられてきた、
いわゆるマ○ルシューの各タイトルの映像(主にTGS出展時)と、
制作秘話を、ハァハァ鼻息交じりでお話しになられていましたw
もちろん、その全てはここでは書けません。

トークショーも一段落つき、トリでもあるk.h.d.n.の出番…の前に、再び休憩。
お二人の持ち時間は90分ですからね、水分補給はしっかりと。

ふと会場を見回すと、こんなポスターが。
 
武蔵野宇字川大学付属高等学校の学園祭、宇字祭。
4014年開催…それまで我々生きていられるのでしょうかw
その隣には、会場限定Tシャツのデザインになったフラワーシェル。

休憩も終わり、いよいよk.h.d.n.の出番、
ハヤシおじさんが先にプレイし、ナガタおじさんが後に続く通常進行。

つらつらと文章では書き現れない程、濃密で至極の90分でした。
Sakura Flamingo Audiographyを発表後でもあるその熱と、
手掛けられてきた作品群の集大成が混じり合い、
今までのイベントの中で、最高だったのではないでしょうか。

それはもちろん、あの場にいる全員がk.h.d.n.のファンであり、
お二人にとっても、アウェーではなくホームに近いというものもあったと思いますが、
このイベントを開催してくださった感謝の気持ちが、
ファンでしか作れない「場の雰囲気」となっていたのではないかと。

1000 coulds。
-Not Be Mine-verだけではなく、オリジナルverの打ち込みと融合。

You Can't Fxxk Me。
イントロからのブレイクビーツによる束縛、ピアノのメロが流れてきた時の解放。
(サウンド面に対して)遠慮がいらない場ゆえのものと痛感。

途中、お二人によるプチトークショー。

ナガタおじさんがカラスちゃんの口元を触っていたとか言えませ…あっ!w

最後に、Sex Pervert Of A Silenceで会場中を狂わせ、
Nostalgiaで綺麗すぎるシメとなりました。

…と、ここで増渕Pからとある報告が。
電撃の記事に載ってしまいましたが、
なんと「カラス Beast of Re:Eden」のプロモ映像が流れました!!
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーーーーっ!!!」と歓喜の叫びw
画面を見た限りでは、カオフィ・ラジノアと同じく横画面縦シューだったので、
ネシカでの配信となるのか、家庭用ハードでの発表となるのか、
気になる設定も、カラスの真ED後のストーリーなのか、それともまた別の流れを汲む作品となるのか、
全くもって一切分かりませんでしたが、兎にも角にも、
"クロンシュー"としての続報が待ち遠しいです。
絶望はチョコレートの味―

もうひとつ最後に、会場中に貼ってあるポスターは持って帰っていいとのことで急いで入手w
会場限定グッズのみならず、こんなプレゼントまで貰ってしまい嬉しい限り。

ちなみに、私はDJブースの最前列でアホみたいにずーっと踊りっぱなしでした。
本当に楽しかったので、これからもk.h.d.n.メインのイベントは開催してほしい限り。
私も出来るだけ足を運びたいと思います。
また別のアーキシャルで会える…と願うばかり。

帰宅し、グッズを確認。

会場限定CD、Tha Everlasting Summer E.P.#13
(スパカプチョコミントは買って来たものw)
コミケのスィープブースにて、イルベロサントラ「BITCHES BLUE」の購入した際の
特典でしか聴くことが出来ない、イルベロ裏ステージBGM集「another world 30tr in one MIX」が
新たにRemixされて収録。
私も購入特典ディスクは持っていないので、これは嬉しいですね。
「Ukiha Shopping Mall - Spring Darkness -」は必聴。


うちわと缶バッチ。
カラスちゃんぺろぺろ。


Tシャツ2着!
フラワーシェルデザインも、K.H.D.N 80デザインもカッコいい!


さて、頂いたポスターはどうしようかな…w
プロフィール

クドー

Author:クドー
リンクフリーですしおすし。

所有基板リスト





twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード